2013年7月23日火曜日

年齢を重ねるということ

今月、誕生日を迎えてまた一つ歳を重ねた。私と同じ世代の友人達は、大抵が民間企業や公官庁で、そろそろ上がりのポジションに入って、傍から見ていると悠々自適な生活を満喫しているようだ。本社で上り詰めることは叶わなくとも、子会社等で比較的余裕のあるポジションに着いたり、子供たちも既に巣立っていて、やれゴルフだの、夫婦での海外旅行だのと、金銭的にも時間的にも余裕のある生活を送っているように見える。
 
それに比べて、私自身は現在起業して3年が経ち、自ら始めた事業を軌道に乗せようと悪戦苦闘の毎日が続いている。先日、久し振りに会った昔の同僚から、「もっと楽な選択肢はいくらでもあったろうに、一体、何の為にまだそんな苦労を続けているのですか?」と面と向かって言われた(笑)。なるほど、そのような見方もあるのかもしれないな、と思った。
 
しかし、人にどう思われようと、これが自分の求める生き方なのだから仕方がない。こんなに課題や可能性に満ち溢れた時代を迎えて、このまま穏便にリタイアして行くというような生き方は自分には絶対に出来ないし向いていないのだ。
 
今のような生き方にはっきりと転換できたのはやはりソニーを辞めたからだろう。ソニー時代には大企業のエスタブリッシュメントとしての自分の将来像をイメージしていた時期もあったように思う。だから、その頃の自分からすれば、今の自分の生きる道は想像だに出来なかったかもしれないし、当時の自分とは人生の価値観も内面も大きく変わったと感じる。しかし、そのお陰で、いろいろと日々の生活は大変でも、自分の思い通りに、フットワークのいい生き方を手に入れることが出来た。
 
昔、クリント・イーストウッドが歳を取ることについて「よりいい人間になるということだ」とサラリと言ってのけていたのをアメリカのTV番組で見かけて、実に爽やかでカッコいい人だな、と思った。年齢的にもその境地にはまだまだほど遠いが、生涯、何かに挑戦し続ける生き方を続けられたら本望だ。
 
健康に留意しながら、周囲への感謝の気持ちを忘れずに、また新たな成長や飛躍を実感できる歳にしたいと思う。

4 件のコメント:

  1. 私も数ケ月後に誕生日を迎える時はこうした気持ちで迎えたいと思います。たとえ小さなチャレンジでも長く世の中や地域に貢献したく思います。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。そうですね!

    返信削除
  3. 私も18日53歳になり、まだまだ現役の自分をちょっと褒めてあげたい気持ちです。米系の航空会社を21年務めちょうど辻野さんがソニーをお辞めになった位の時に私も人生のターニングポイントを迎えグーグルでご活躍の辻野さんに負けないよう、いつか辻野さんにまたお会いでき「頑張ってるね」って言ってもらえるように、現在進行形で私に出来る事をメリハリつけて頑張っています。今の会社でも沢山の部下がいますが、出来ない理由を見つける事が得意なスタッフに、出来る為の手段を見つけるように指導する事の戦いです。
    Work hard, Play hard. みんなに1日1日有意義な時間を過ごして欲しいです。 もちろん 私自身も

    返信削除
  4. いただいていたコメントに気が付くのが遅れて失礼しました。どうもありがとうございます。お互いに頑張りましょうね!

    返信削除